p and w

写真を撮るのが楽しい。誤解を恐れずに表現すると、女性の裸に触れることよりも写真を撮ることの方が楽しい。できればずっと、ファインダーを覗いてシャッターを切っていたい。撮るための準備。撮っている瞬間。撮った後の仕上げ。すべての時間が苦しくも愛おしい写真との時間だ。1000枚以上撮って「いい」と思える写真が1枚しか撮れなかったとしても、それでいい。その1枚を得られたときの喜び。そこに至るまでの過程。写真を撮るという行為は、忘れがちな大切な何かを僕に教えてくれる。